サプリメントの基礎知識
サプリメントの分類

サプリメントと医薬品の違い

サプリメントと薬の違いがよくわからない・・・という方がとても多いのではないかと思います。確かに、巷では『○○改善サプリメント』が流行っています し、形状も似ていますから、わかりにくいですよね。そんな方に向けて、簡単に薬とサプリメントの違いをご説明させて頂きます。

まずは、薬は薬事法という法律で「医薬品」に規定されていますが、サプリメントは特に法律上の規定はなく、食品として扱われています。

お薬は、ある症状に対してその診断、治療、又は予防を目的に使用されます。要するに、何らかの明確な効能・効果を得るために使われるのが薬です。「明確な効果が期待できる」ということは、良くも悪くも強い影響力があるということですから、当然、副作用が起こる可能性もあるわけです。

一方サプリメントは、健康保持・増進のために利用される補助的な食品です。つまり、日頃不足しがちな栄養を補うために利用する食品だと言えます。ですから、直接的に病気の治療を目的に使われることはなく、効能・効果を謳うことも出来ません。ですので、サプリメントを利用してすぐに、「○○に効いた!」と感じることもほとんどありません。

勿論、例外もあります。例えば脚気や壊血病、夜盲症など、ある特定の栄養素が不足すると起きる病気というものがあります。そいう場合には不足している栄養 素を補うことで、その症状を改善することが出来ますので、利用の目的によっては「○○が良くなった!」とすぐに感じる場合もあります。

こういった場合、同じ成分でも医薬品とサプリメントでは配合されている成分の量が変わってきますから、どの位の量の成分を摂ったかによって、その効果の感じ方も変わってきます。

身近な例を挙げると、風邪をひいたらその症状(熱、咳、鼻水・鼻づまりなど)を抑えるために(風邪)薬を使用しますが、風邪をひきにくい体をつくるために日ごろから利用するのがサプリメントです。

まとめると、薬は病気が発生してから(何らかの症状が現れてから)その治療のために使われるもの、サプリメントは病気が起こらないような体を作るために日常的に摂取する栄養成分、という事が言えます。



サプリメント総合情報サイト
Copyright(c)2005-2016 by Fonte. All rights reserved.
当サイトに掲載されている全ての情報の無断掲載・複製・改ざんなどの行為を禁じます。