サプリメントの基礎知識
サプリメントの分類

ハーブ系サプリメント

巷ではハーブ系のサプリメントはたくさん販売されていますが、ハーブ系サプリメントとしての認識よりも、原料として認識しているためにハーブを利用しているという意識をお持ちの方が少ないようです。また、英語名か日本語名かによっても混乱しがちなのだと思います。

実際には植物成分のサプリメントのことをハーブ系成分として利用していますが、意外に昔から家庭用の治療薬(民間薬草)として用いられているものも多いのです。

オトギリソウ(弟切草)はその代表的な例だと思います。日本では昔から、焼酎につけたオトギリソウを傷口に塗って消毒をしていました。また、気分が沈みが ちの時には乾燥させたオトギリソウを煎じて飲んでいたようです。最近では高齢の方と一緒に住むことが少なくなっているので、民間薬として利用することが 減っているようですが。このオトギリソウの西洋版が「セントジョーンズワート」というハーブになります。ストレス解消のためのサプリメントとして有名にな りましたので、この名前を耳にする方は多いのではないでしょうか?

また、お料理に用いられる香草もハーブになりますが、これらも香り付けのためだけでなく、消化を良くしたり、油の排泄を促す効果があるために用いられてものが多いのです。

ハーブ系のサプリメントでは薬草や漢方の原料に用いられている素材もたくさんありますが、その有効成分を濃縮しているために、どのように用いたかによって 「とても良かった」と思われる方と、「かえって具合が悪くなって怖い」と思う方に分かれるようです。実際には医薬品でも、植物成分を元にして作られている ものがたくさんあるため、お薬を飲まれている方がハーブ系のサプリメントを利用する場合には、その組み合わせに注意する必要があります。

とはいえ、ハーブはやはり天然成分ですので、薬のような即効性は少なく、一度によほど大量に摂取しない限りは、副作用の心配もほとんど無いのが特徴です。時間がかかってもお薬を飲まずに体質改善をしたい方は、その成分や摂取量、摂取方法をきちんと守りながら利用すると、ハーブ系のサプリメントと上手につきあっていけると思います。



サプリメント総合情報サイト
Copyright(c)2005-2016 by Fonte. All rights reserved.
当サイトに掲載されている全ての情報の無断掲載・複製・改ざんなどの行為を禁じます。